ウォーキングと減塩

運動と減塩

高血圧を減らすために、病院などでメインテートが処方されることも多いですが、普段の生活でも改善できるために、意識した生活を心がけることが重要になります。

 

まずは運動について。
血管を若返らせるために、ウォーキングなどがオススメになります。
脈拍数が1分間で110回位にまで上がる強度で早歩きをし、10分続けたら次は普通ペースで5分歩く。この繰り返しを何度か行い、1日に30分のウォーキングを行います。

 

高血圧を抑えるだけでなく、血液の循環や、ダイエットの効果にも期待できますね。

 

それから食事に関する減塩。
食事のコツは食塩をどれだけ減らすか。

 

塩分が多いと肝臓がナトリウムを排出しきれず、血液量が増えて血圧が高くなる。そのために、減塩の工夫をすることが重要。ナトリウムを排出するカリウムを摂取しておくことで、高血圧とも密接に関わってきます。

 

ウォーキングなど、運動をするために、減塩にもつながるので、一日の生活の中で、 高血圧のリスクを減らす事を考えた毎日を送ることが、重要になるかと思います。

 

 

ページの上へ