高血圧のリスクを減らすために

ストレス対策と睡眠

高血圧だけに言えることではありませんが、生活の中でストレスを貯めずに、しっかりとした睡眠を心がけることが重要になるかと思いますね。

 

仕事などで緊張をしていると、どうしても呼吸の乱れがお降り、血液の流れが悪くなり、高血圧がヒドクナルことがわかっています。

 

そのために、腹式呼吸をおこなうこと。ストレスは交感神経を緊張させ、血圧が上がる。そんな時は腹式呼吸をおこなう。お腹を凹ませ口から長く息を吐く。繰り返すと沿っっこうで血圧が下がります。

 

そして、睡眠をしっかりと取ること。
睡眠は6時間以上が重要。
寝不足は食塩感受精上がるといわれ、睡眠不足になると、交感神経がどうしても校風してしまいます。寝ていても、体の疲れがとれない。血管が縮み、血圧が上がる典型的なパターンで、ストレスホルモンの分泌も増えてしまいます。

 

そのために、1日の睡眠を最低でも6時間に錠にすること。

 

たった6時間ですが、体の疲れを癒やすためには、かなり必要な眠る時間。高血圧を予防し、ストレスなどを減らしてくれるために、メンタル的な部分にも幾分の効果が期待できると思います。

 

 

ページの上へ