ウォーキングと一酸化窒素

毎日のウォーキング

高血圧を改善するために私がメインテートを服用することです。しかし、それだけでなく、普段の生活でも意識しているのが、食事で塩分を控える、6時間の睡眠、ストレスを解消する、それから運動を心がけることです。

 

特に私が最近意識し知恵るのが運動面ですね。
運動の中でもウォーキングは、すたすた歩く早歩きで、ゆっくりした歩き方を交互に行うウォーキングです。早歩きは脈搏が1分間に110〜120回くらいまで上がる速度で、ウォーキングを1日に30分以上、週に5日行うこと、高血圧の日血のおすすめだと思います。

 

どうして、ウォーキングを血圧に良いかと言うと、一酸化窒素が活発になるからです。この一酸化窒素の働きについて大きくかかわるのが血管です。血管の内側の細胞と言うタイルの様な細胞で奪われることで、血圧が関係するのですが、血液が血管を垂直に押す力がつまり血圧の力で、一方、血液が勢いよく流れていくとき、血管内膜の細胞を擦っていく力がかかります。これを「ずり応力」といいます。

 

早歩きをすることで、心拍数が増え、心臓が血液を押し出す力も高まり、血液の勢いが良く流れて、ずり応力が高まります。その結果として、血管内の皮膚がこすれて刺激とされ、血管内の皮膚細胞から分泌されるのが一酸化窒素になるわけです。

 

一酸化窒素が活発になることで、血液がさらさらになり、動脈硬化を防ぐこともできます。それから、ウォーキングを毎日行うことで、血圧を一定に保つことができ、急上昇することができないこともぷらr素になります。

 

ただし、ウォーキングにこだわり、最初から激しく行うことで、血圧が高くなることがあるために、最初はゆっくりと回数を少ない段階から、徐々に歩く分数や距離、速度を増やすことで、血液の流れを鳴らすことが重要になると思います。

 

 

ページの上へ