歯周病と高血圧

歯周病から血圧に発展する

高血圧の約8割は、原因が特定できない「本能性高血圧」と言われています。血圧を上げる因子として、これまで考えられていたのは、ストレス、加齢、脂質量や塩分の多い食事のとりすぎ、それから運動不足などが大きな要因とされています。ところが、最近になりわかっているのが、新たな因子が指摘され、注目羽詰めているのが歯周病です。

 

歯周病は、歯周病菌が引き起こす感染症で、20歳を過ぎると口の中に住み着くといわれて、全世界で最も蔓延している病気と言われています。つまり悩んでいる人が多いということになります。最近ではギネスブックにも認定されているほどです。歯周病のやっかいな所は、いろんな菌が合わさって起こる複合感染症で、病原菌が1つでは無いため、最近成気管支炎などのように抗生物質だけで容易にやっつけることができない。一度口の中に歯周病菌が住み着くと、完全に除去することは不可能だといわれているんです。

 

では、口の中で起こる歯周病が高血圧とどのように関係してくるのでしょうか?歯と歯茎の境目には詩集ポケットと呼ばれる溝がありますが、ここに汚れが溜まって細菌が感染することで、歯周病になります。このままにしておくことで次第に免疫力が低下してしまい、炎症が全身を悪化してしまいます。すると、歯周病のリスクスコアが高いことで、しだいに血管が硬くなり、動脈硬化につながり、これが要因となり高血圧につながるわけです。

 

そのために、普段の食事の後に念入りに歯を磨くこと、歯茎にもできるだけ菌が溜まらないように心がけることが大きな血圧の予防にもつながるわけです。

 

 

ページの上へ