少しでも気づいたら医師に相談

メインテートの副作用

メインテートは高血圧を下げたり、不整脈や狭心症の治療薬としても利用されています。もともとは、心不全として利用されていたそうですが、服用していた患者に血圧を正常すると言う作用が見られたためんい、海外のヨーロッパで臨床試験が始まり、高血圧を下げたり、狭心症の作用に効果が認められたために治療をもちいられています。
メインテートの副作用

 

しかし、心がけなくてはいけないのが、高血圧を低下する効果はあるのですが、その反面として副作用が起こることも十分に理解したうえで服用することが重要になります。

 

例えば、アレルギーを持っている人が服用すると、過敏症状が起こりやすくなるために、服用を始めてから急に皮膚のかゆみや赤い湿疹などが起こる可能性があります。もし、メインテートを服用し、アレルギーに関連する副作用が起こった場合は、使用を止め、すぐ医師に相談すること。

 

もう一つの副作用として、涙液が減少することです。私も少し感じているのですが、一種のドライアイのような症状が起こります。テレビやパソコンをしてる時に、目の痛み、かすみ目が起こりやすくなります。

 

個人差はあると思いますが、目に違和感を感じて、不眠、充血、頭痛などが起こることもあるそうなので、症状がひどくなった場合は医師に相談することで、進行を防ぐことができると思います。

 

基本的に、メインテートは心臓などに負担をかけないために、副作用は起こりにくいとされているのですが、もし、普段と違った症状が起こった時は、副作用を止めて、すぐに医師に相談をすることが一番位なると思います。

 

メインテートの副作用

ずつう、徐脈、けん怠感、心不全、呼吸困難、低血圧、むくみ

 

 

ページの上へ